先輩インタビュー
Interview

働くドライバーインタビュー集Driver interview

石田裕治 所属:

不思議なご縁で入社、気付けば12年が経過

不思議なご縁で入社、気付けば12年が経過

私の仕事はいわゆる定期便です。
昼と夜の2交代制で、昼便は早朝3時~14時、夜便は13時半~深夜2時迄が勤務時間。8tのウイングボデーで自動車部品を運んでいます。配送拠点はすべて愛知県内です。本社に出勤し、その後高浜市・碧南市・美浜町の間で荷物の積み下ろしをして会社に帰るという、毎日ほぼ同じ流れで働いています。

私の実家は、ピアノやコピー機を運ぶ運送業を営んでおり、家業を継ぎたいという思いから、運送業に就きました。
その後、いろいろな事情で継がなかったのですが、学校を卒業してからはトラックドライバー一筋。
いわゆる大手の運送会社、その子会社、町の運送屋さんまで、いろいろな運送会社で働いてきました。
運んできたものは、なぜか自動車部品が多いです。土地柄かもしれませんね。

今だから話せるんですが実は「どうしても丸玉運送で!」と思って応募したわけではないんです。
前職で転勤を言い渡され、実家から通いたかったので転職を考えはじめた私は、就職情報誌で家から近い会社を探していました。
その雑誌には家の近くにあるAという運送業者の名前が載っていて、隣のページに丸玉が載っていたんです。
それでページ順に(笑)A運送に電話したら「うちは大型持ってる人しかダメなんです」と断られて、その次に順番どおり丸玉に電話して、今に至るという…。

素敵なエピソードじゃなくて申し訳ないのですが(苦笑)、こうやって採用してもらって、気づけば12年経っていて…就職って結局ご縁なのかなって思いますね。

最初は本社に空きがなかったので、当時の豊川営業所に配属されました。私は扶養義務があるので実家から通いたいと申し出たところ、本社に出勤して荷物を積み、豊川に運ぶという形態にしてもらいました。
「勤務地がいっぱいだから難しい」ではなく、妥協策を見出してもらったことは、大事にされているというか…すごく嬉しかったですね。
その後1年が経って空きが出て、本社勤務になりました。

入ってみて初めて知った、居心地のいい運送会社の存在

入ってみて初めて知った、居心地のいい運送会社の存在

入社して今年で13年目になったんですけれど、ここまで長く勤められた理由は、やはり居心地の良さだと思っています。

会社の雰囲気、好きなんですよね。
明るいというか、仲良くできそうな歩みより感というか、入社してすぐにそういう雰囲気を感じました。

会社によっては、社員同士あんまりしゃべらないとか、挨拶をしないところもあるって聞きますが、うちはそういうのは全くない。
平たく言うと、「明るく楽しく」というイメージでしょうか。

まあもともと、自分は人のことが全然気にならない性格で(笑)、転職したのも勤務地の問題でしたしね。
実家から近くて、トラックに乗って仕事ができればそれでいい、みたいなクールな面があるかもしれませんけれど、職場環境に関しては居心地の良さを日々感じています。

ですから、いい意味でゆるいなと感じたこともありますよ。
ただ数年前から会社方針としてコンプライアンスに力を入れているので、少しずつルールが厳しくはなっていますが、独特の居心地の良さは受け継がれているような、そんな気がしています。

うちでは新規事業の立ち上げの際に、立ち上げ専門スタッフが仕事のシステムを構築して、それをドライバーに引き継ぐという流れを取っているんです。
それで、私は昨年12月頃からその立ち上げを引き継いだところで、今は新しい方々との繋がりを築いている真っ最中です。

とはいえ、重ね重ね人間関係は気にしていないのですが(笑)、仕事によっては「荷姿」(荷物の形)が違うこともあり、今回は3段積みという荷姿なので、リフトの運転や操作にはかなり神経を注いでいます。

ドライバーにとっては安全に無事に荷物を取り扱い、届けることが最大の使命ですからね。道路のちょっとした凹凸で荷物が落下したりするので、とにかく運転には気をつけています。

恐らく、10年以上リフト作業を伴う仕事をしてきたので、その腕が買われたんでしょうね(笑)…というのは冗談で、大型免許を取得したことが大きかったんだと思います。

実は大型免許を取ったのは昨年の冬。
免許を取れば仕事の幅も広がるし、経済的な安定にも繋がるので、今だと思って取ったんですが「大型取ったんなら、こういう仕事があるんだけど、どうかな?」って声をかけてもらって。
会社では新たな免許取得のサポート体制も整えられていますが、細かい社員の変化や進歩をしっかり見ていてくれるのは、やっぱり励みになりますね。

定期便のよさ、そしてコンプライアンスへの思い

定期便のよさ、そしてコンプライアンスへの思い

定期便のよさは、やはり毎日の時間と行く場所が決まっていることに尽きます。
私には扶養義務があることもあるのですが、一番大きいのは猫の存在!
これがもうカワイくて……。ほおっておけないですし、ご飯を待ってるのでとにかく毎日帰りたいんです!
お休みの日にはデートもしますが、大半は猫と遊んでいます(笑)。

私の場合は猫が家族の一員ですが、丸玉は家族を持っている人にとても優しい会社だと思います。
ここに転職してから、子どもが生まれたなんて話もよく聞きますし、働きやすくて、家族を養える環境が整っていますね。

定期便をやっていて一番嬉しいのは、流れがスムーズだった時ですね。
行った先の積み降ろしもスムーズで、他のトラックの作業もスムーズで、予定より早く積めたり下ろせたり…。
まあ荷物が少ない場合が大半ですが、荷物が少ないのは一時的なものですし、ゆとりを持つことの大切さに、改めて気付きますね。

その最たるものがコンプライアンスですよね。
私はこれまで複数の同業他社で働いていた分、各社のコンプライアンスへの取り組みに関しても、いろんな違いを発見しています。

中にはかなり早く取り入れていた会社もありました。
でも、丸玉でもここ数年強化され始めてからは、多少の窮屈さを感じることもありますが、ルールやコンプライアンスは会社やドライバー自身を守るための決め事です。ルールを守ることで、年を重ねているのに、身体は楽だと感じているんですよ。しっかりと時間を管理してくれているので、無理が出ませんし「年を取ってもドライバーとして働けるか」というのは、みんなが不安に感じることですからね。そういう部分を事前に払拭してくれているのは、とても有難いです。
とはいえ、コンプライアンスに取り組むと少し窮屈に思える面もあるので、バランスの撮り方は難しいと思いますね。

20年くらいこの業界にいますが、自分がドライバーになりたての頃と比べると、運送業もどんどん働きやすくなったし、変わってきたなと感じています。

今後の夢は、ドライバーとして働き続けること

今後の夢は、ドライバーとして働き続けること

私はそんなに朝が強くないので、入ったときの不安は「起きられるかな」くらいでしたね(苦笑)。
運送業って、朝が早いんですよ。今、昼便のときは2時起きですが、だいたいスタートが3時~5時という会社が多かったです。
以前大手運送会社の下請けで働いていた時には、5時起きっていうのがありましたが、今考えると重役出勤ですね(笑)。

失敗談をあえて上げるとすれば、入社したばかりの頃、結果的には間に合ったのですが、一度だけ寝坊したことがありました…。そういう場合、ピンチヒッターをお願いできないことはないとはいうものの、プロとして今後も時間管理、体調管理は必須ですね。

今後の夢は、ずっとドライバーとして働き続け、幸せな家庭をもつことですね。
丸玉は従業員にもその家族にも優しい会社なので、経済的安定も見込めると思います、よって転職は考えていません。今後結婚もする予定なので、引き続きお世話になれたらなと思っています。

ですから、いずれ会社を興すとか、それこそフリーになる気持ちも全然ないんです。クールだけど実は安定志向なんで(苦笑)。

昔ながらのドライバーのイメージって、ちょっとガツガツしているというか「男一匹」みたいな印象を持つ人もあるかもしれませんね。
でも私みたいに、運転が好きで、毎日決まった仕事をするのが好きなドライバーもいますから、社員と仲良くしなきゃとか、必要以上にコミュニケーション取らなきゃとか、そういうことは気にしなくてもいいと思います。

応募者へのメッセージ

応募者へのメッセージ

丸玉のよさは、社員何千人とかの大企業ではないけれど、小さい会社でもないので、中堅の良さというか、ほど良い加減で働くことができることだと思います。
会社設立から今年でちょうど40年が経ちますので、まず実績があること。仕事がなくなることもありません。つまり、安定しているということです。
特に定期便仕事に関しては、固定給というのが安心ですよね。研修期間もありますが、他の業種みたいに研修期間中はずっとし低賃金で!みたいなことはないですし、大型免許を持っていればなお活躍の場が拡がるのではないでしょうか?

個人的な所見として、初心者には少し大変な仕事内容もあるかもしれません。とはいえ、例えばリフトでもほとんどの人は練習すれば資格が取れるので、若干のセンスとやる気次第ということだと思います。
転職する場合、「とりあえず大手」と決めてしまうよりは丸玉のような中堅規模の運送会社の方が得られるメリットが多いこともあると思います。

実は、以前在籍していた個人経営の運送会社では、毎日決まった時間で働いていたのにずっとアルバイト扱いで、国民保険だったんですよ。そういう面でも丸玉は社会保障や福利厚生もしっかりしているので安心です。
まあ、そういうしんどい環境を経たからこそ、今は何でもできるという自信に繋がったわけですが、最初からわかっていて苦労する必要はないですからね。ちゃんとした仕事環境を選択した方がいいと思います。

以前、配送先で会った他社のドライバーと勤務形態とか待遇の話しになって「え、まじっすか?」みたいになったことがあって(笑)。
で、そのドライバーが「丸玉いいじゃないですかー」みたいな話しになりましたが、何も起こりませんでした(笑)。他の営業所でも、知人を紹介して採用に至るケースがあると聞いています。
これもまあ、総合的判断からの丸玉の働きやすさが理由なんでしょうが、体制や会社の考え方、時間や給料やコンプライアンスにおいても、トータルに考えて、やっぱりうちは「働きやすい会社」なんだと思っています。

運転が好きとか、トラックドライバーとしてやっていきたいという方は、一度考えてみて欲しいですね。
メールとか電話で、質問するだけでもその雰囲気を感じてもらえると思いますよ。

(取材日:2018年2月)

ページ上部へ