本日11月10日はお日柄もよく、
新車が納車されましたのでご紹介させていただきます。

img_3613
納車されたトラックは大型低床平ボデートラック^^

現在、丸玉運送グループで平ボデーを使用し業務を行なっている拠点は
丸玉本社丸玉名古屋丸玉京都丸玉埼玉の4拠点。
(丸玉大阪、丸玉豊橋、丸玉神奈川の3拠点はほぼウイング車)

平成初期頃は何でも積める平ボデーがトラックの主流だったように思いますが、
現在は地域によっても異なるのでしょうが、日本国内を走る8割以上が
屋根のついたトラック(ウイング車、箱車)に変わってきているように思えます。

その理由は、作業効率が良い、荷物が濡れない、汚れない、その他事情からでしょう。
(ウイング車に荷物を積降ろす方法はフォークリフト、または手作業が中心になります)

しかし、建築現場等、クレーンで積降ろしする重量製品、背の高い荷物等は
屋根のついた荷台への積載が困難なため、平ボデー車の出番となります

荷物を積込み固定した後、ウイング車はボタン一つで荷台を閉めることができますが、
平ボデーの場合、シート(荷台のカバー)をかけなければなりません。

img_3610
そんな一手間かかる車種ではありますが、
お客様のニーズに応えるため、我が社では現在でも一定台数を保有し続けています。

昨日のブログでもご紹介しましたが、
私たちはお客様の増便ニーズにお応えするため、
車両とドライバーを同時進行で増車増員中です

やる気があり、トラックを大切に扱っていただける方であれば
入社歴が浅くても新しいトラックに乗っていただくことも可能です。

運送会社での活躍を考えているあなたからのご応募を心待ちにしています!