こんにちは

 

丸玉運送埼玉の佐藤です。

 

すっかりと日が暮れるのも早くなり

冷え込みも厳しい日々が続くように

なりました。

これまでに、視野の御話、

運行前点検・運行後点検の御話を

させて頂きましたが、

今回は、

”トラック🚚と歩行者との関係”

”注意点と配慮”

について触れてみたいと思います。

 


歩行者からすると大きなトラックに対して

”怖い💦という印象が強いかと思います。

近くを通る際の風圧や接近する距離によって

実際に歩行者からすると怖いものだと思います。

逆にトラックからすると視点もかなり高くなり

運転席から前もストンと距離がない為、

どーしても近付きがちです。

また、そんなつもりがなくても狭い道や

障害物の関係などから歩行者、自転車・車と

近くなってしまう場合も条件都合上

あります。

また、互いの意識、認識にも違いがあり

そこに危険が潜み、互いのストレスが

生まれる事となるケースも多くあります。

例えば、トラックは止まってくれる!!

譲ってくれる!!

見えているだろう!!などなど

一般のいわゆる交通弱者側からすると

そんな思い込みもあるかと思います。

如何に互いが互いの状況、立場、条件などを

理解し交通社会の中で共存してゆくかが

鍵ですが、我々プロドライバーとして

いつでも止まれる速度、

威圧感を与えない距離感、

譲れる大きな気持ちとゆとり、

ほんの少し意識して思いやりをもって

運転するだけで、事故防止や世間からの評価は

グッと変化するものと考えます。

丸玉運送埼玉では優しい運転を推進し

これからも更なる高みを目指していきますが

是非、一緒にそんなプロドライバー

やってみませんか・・・