こんにちは大阪営業所の柏木です。
今回も、車の豆知識ということで、今回は、なぜ乗用車のスピードメーター
は、180㎞までなのか!を説明していきたいと思います。

スピードメーターの謎!!
クルマのスピードメーターとは、その名の通り車のスピードを表示する装置
の事です。
今何キロで走っているか確認するためのものですよね。
日本の車は、このスピードメーターが180㎞まで設定されています。
すべての車が180㎞になっているわけではなく、軽自動車は140㎞に設定されています。
しかし、いずれも日本の公道では必要ないスピードに変わりはありませんよね?
最も、スピードが出せる高速道路でも100㎞しか出せないので・・・

180㎞まで設定されている理由
では、なぜ180㎞まで表示されているのでしょうか?
まず、決め事として、日本自動車工業会では普通自動車のメーターは180㎞
と、決めていることがあります。ですから、日本で作られる普通自動車は全ての
スピードメーターが180㎞に設定されているのです。
では、そのように決めた理由はどんな理由なんでしょうか?

180㎞出る性能が必要
1つは、法定速度が100キロであっても、様々な環境や条件を考えた場合
車は180㎞の速度を出せるだけの性能が必要である・・・と言うことです。
車が走る道路は平坦な舗装道路ばかりでなく、急な坂道もあるでしょう
また、車に乗るのは人だけではないでしょうし、いつも一定の速度で走る訳でもありません。
例えば、高速道路で坂道を100㎞で上るには、平地で100㎏のパワーでは足りないので
それ以上のパワーが必要です。
そのような、条件や環境に対応できるように、180㎞と言う基準が決められているのです。

みなさんいかがでしたか?今回はなぜ乗用車のスピードメーターが180㎞に設定されているのか
分かっていただけたかと思います。

では今日はこのへんで・・・

また来週