こんにちは 大阪営業所、久保です。
いよいよ 本格的な 夏の到来ですよ icon_razz.gif
日差しが眩しく 体力も気力も奪われがちですよね!
運転免許の取得、更新には、
実技及び学科試験に合格する必要があるだけでなく、
適性検査にも合格しなければ運転免許を
取得することはできません。

適性検査にはさまざまな種類の検査があり、
その1つに「視力検査」ありますね。

視力検査は他の適性検査と比べても、
運転をおこなうには必ず必要となる眼を検査するため、
視力検査自体とても重要な検査であるといえます。

特にトラックの運転手になると、
仕事中に遠距離や夜間走行といった状態が発生するため、
通常のクルマの運転とは比べ物にならないくらい、
運転中、眼に負担がかかる可能性が高くなりますよね。

 

視力検査は
どの運転免許を取得する場合においても必ず実施されます。
そして、トラックを運転するために必要な免許は
1つに統一されていません。

運転免許を取得するためには、
まず自分が運転する予定のトラックの種類が
どの運転免許に属しているかを知っておく必要があります。

それと 運転免許の取得において、
視力検査をおこなわない運転免許の種類はありません。

目の疲れは進行すると眼精疲労につながり、
頭痛や肩こり嘔吐感などを引き起こします。
そして 疲れ目の改善にはアントシアニンが効くようです。

視力検査は運転免許を取得、更新するに当たって、
安全運転などの点から、
実技や学科試験と同等か以上の
重要性を持った検査といえます。

我々の 仕事において安全運転をおこなうためにも、
普段から目を労わることも忘れないようにしましょう。