こんにちは大阪営業所の柏木です。
今回も、車の豆知識です(笑)
今日は、車の給油口について、話していきたいと思います。

みなさんは、自分の乗ってる車の給油口左右どちらかご存じですよね(笑)?
ですがレンタカーや、代車など自分の車以外を乗って給油しなければいけない時
あれ?給油口どっちだっけな~となった事はありませんか?
そんな時、すぐにわかる方法があるんです!!

まず、給油口は何を基準に左右を決めているかなんですが、それは
クルマについているマフラーと反対側に給油口があるのが一般的です。

それは、なぜなのか

クルマに投入されるガソリンや、軽油は揮発性の高いとても危険なものに
なります。
この燃料を投入する口は、なるべく引火や、発火の危険性が低いところに設置したいものです。
特に、車に給油する場合は、ガソリンスタンドまで自走していくので
車自体は、熱を持っています。特に車の排気ガスを排出するマフラーは高温になりやすく
そんな高温のマフラーから遠ざける意味合いでマフラーの反対側に給油口を設ける場合が多いです。
事実、国産車のほとんどは、マフラーの反対側に給油口があります。

もっとわかりやすく見分ける方法は

燃料計のマークを確認してみてください!!
2000年以降の車には燃料系のガソリンマークのところに▶マークが入っているはずです
それを見てもらえれば素早く確実に給油口の位置を把握できます。

いかがでしたか?みなさん愛車の給油口はわかっていても普段乗らない車の
給油口はすぐ思い出せないものです。
そんな困った時はこのブログを思いだしてみてください(笑)

ではまた来週