こんにちは 大阪営業所 久保です。

前回の投稿では イメージ写真を入れたところ

少し誤解させてしまったかもしれません

あくまでもイメージ写真ですよー icon_biggrin.gif💦

と言うことで、今回はタイヤについて少し

タイヤの表面には、まるで模様のように見える溝があります。

この溝のことを「トレッド」と言います。

このトレッドには、用途に合わせて大きく

4つのパターンがあります。🚚

まず、「リブ型」は、縦方向にギザギザした溝があるパターンです。

リブ型には、排水性がよく横滑りに強いという特徴があります。

舗装された道路や、高速道路での走行に適しています。

縦方向の溝があるリブ型に対して、「ラグ型」は横向きに溝が刻まれています。

駆動力・制御力に優れているため、走りづらい道路での走行に適しています。

リブ型とラグ型が組み合わさった「リブラグ型」と呼ばれるパターンもあります。

これはリグ型、ラグ型の両方の性能を兼ね備えています。

また、スタッドレスタイヤやスノータイヤに代表される「ブロック型」もあります。

まるでブロックが敷き詰められたようなデザインで、舗装されていない路面や雪道、ぬかるんだ場所などで性能を発揮します。

そんな大切な役割を持ち性能を発揮してくれる存在のタイヤは


荷重を「支える」

タイヤはトラックそのものの重さに加えて、ドライバーや積み荷の重量をすべて支える必要があります。

走る、止まるなどの動作を即座に路面に「伝える」

車を発進させたり、ブレーキをかけたりする際に欠かせない役割です。

「転換・維持する」

この役割によって、車は方向を変えたり、まっすぐな走行を保ったりすることができます。

衝撃を「吸収・やわらげる」

ドライバーが快適に運転するために、路面の凹凸による振動を吸収し、緩和してくれます。

タイヤの内側についているホイールは、タイヤがこれらの役割を発揮するために欠かせないパーツです。

走る、止まる、曲がるなどの車からの指令を、スムーズにタイヤに伝える役割を持っています。

また、ブレーキの際に摩擦で発生する熱を逃す役割もあり、これによってブレーキが熱で壊れることを防いでくれるのですね

素晴らしい性能と役割に守られながら

本日も安全運転でいきましょう🚚

丸玉運送 大阪の募集要項は → → → コチラ!!!