こんにちは大阪営業所の柏木です。
今回は、皆さんオイル交換の際、【エレメントはどうされますか?】と
言われると思います。
今回は、このエレメントの話です。


オイルフィルターとは?

オイルフィルターは、エンジンオイルに含まれる不純物を取り除き、エンジンの働きを円滑にするためのものです。
ろ過するためのろ紙等が入っており、エレメントとも呼ばれます。
エンジンの摩耗や焼け付きを防ぐエンジンオイルも、長く使っているとスラッジ(不純物)がたまっていきます。
エンジンオイルを長く効果的に生かすためにオイルフィルターは定期的に交換する必要があります。
自分で交換する場合は、車によって適合するものが違うので、お使いの車に合うオイルフィルター(オイルエレメント)をネットなどで検索してください。

オイルフィルターの仕組み

オイルフィルターは中に入っているエレメントと呼ばれるろ紙でオイルの不純物を取り除きます。
使用期間が長くなり、フィルターが詰まってオイルを通せなくなると、リリーフバルブが開いてオイルを通します。
しかしこの状態ではオイルがろ過できていないので、早急にオイルフィルターを交換する必要があります。
オイルフィルタには、フィルタのケースごと交換するスピンオン形式と、中身のエレメントやガスケット(ワッシャー)だけを交換するエレメント交換式があります。

オイルフィルターの交換時期は?

一般的に、オイル交換2回につき1回はオイルフィルタも交換したほうがいいと言われています。
また、走行距離1.5万~3万kmほど、もしくは12カ月~24カ月で交換したほうがよいと言われています。
純正品と他社製品では耐用期間が異なる場合があります。
メーカー純正品でない場合は早めの交換をこころがけたほうがいいかもしれません。

オイルフィルターの費用は?

オイルフィルターのみにかかる費用はおよそ300円~2000円ほどです。
自分で交換する場合、エンジンオイルの交換も含めるとおよそ5000円ほど必要になります。
オイル交換費用を含めないなら、工具の代金も含めておよそ2000円~3000円ほどになります。
ディーラーや車関係の量販店で交換してもらった場合、工賃とオイル代を含めておよそ6000円~10000円ほどです。
ディーラーで頼む場合、点検とセットで1万円ほどで交換してくれる場合もあるようです。

オイルフィルターの交換も思い出そう!

オイルフィルターの交換は車によってやり方が違ったり、オイルフィルターの種類も様々だったりと、中々初心者には手を出しづらい部分があるかもしれません。
しかし一度工具を揃えてしまえば、ディーラーなどで頼むより安上がりですし、自分で苦労して交換する事で車により愛着がわくかもしれません。
ジャッキアップなど危険も伴いますので、十分な広さを確保し、周囲に気を付けて作業を行いましょう。

今回は、オイルフィルターについてでした!
ではまた来週。