こんにちは大阪営業所の柏木です。
先週は、風邪で会社を休んでいたので二週間ぶりのブログになります(笑)
そして今回も、いつものようにクルマの豆知識を・・・(笑)
今回は、今からの季節気をつけないといけないオーバーヒートについて!!
みなさん言葉は知っていても実際経験した人しかわからないと思います。
では初めに・・・

オーバーヒートとは

エンジンは正常値を超えて高温になると、正常に動かなくなります。
このような状態になってしまった場合、パワー不足になる恐れがあり、最悪の場合エンジンが壊れてしまいます。
走っている際にオーバーヒートを起こしてしまうと、事故を起こしてしまう恐れがあります。
エンジンが冷えないので火事になってしまうことがあり、大変危険な状態になります。
電気自動車や燃料電池車を除いて、車にはガソリンまたはディーゼルエンジンが搭載されています。
エンジンはシリンダー内で燃料を燃焼させたエネルギーを、動力へと変換します。
エンジンの内部はピストンやクランクなどの部品が高速で動いており、金属同士の摩擦熱が発生します。
ほとんどの自動車はエンジンを冷却する目的で、水冷式のラジエーターを搭載しています。エンジン内部の金属同士の摩擦で熱が発生するのを防ぐ目的で、エンジンオイルが循環しています。

オーバーヒートの原因

クーラント液漏れ
現代の一般的な自動車のエンジンは水冷式で、冷却液(クーラント液)を使ってエンジンを
冷却する仕組みになっています。
空気で冷やしたあとにエンジンの内部を冷やします。クーラント液は完全に密封されているので
頻繁に補充する必要はありません。
クーラント液はポンプで循環していますが、ホースなどが劣化して液漏れが起こると
液量が減少してエンジンを冷却することができなくなります。オーバーヒートの起こる原因が
クーラント液の液漏れであるケースが少なくありません。
液漏れを起こしていなくても少しずつ液量が減少するので、定期的に不足分を補充する必要があります。

エンジンオイル不足
エンジンオイルが劣化していたり不足すると、エンジン内部で金属同士の摩擦熱が発生して
オーバーヒートの原因になる場合があります。
エンジンオイルには摩擦熱が発生するのを防ぐことに加えて、エンジンを冷やすこともできます。
エンジンオイルが不足すると潤滑性能が低下して摩擦熱が発生したり
放熱ができなくなりオーバーヒートを起こします。
基本的にエンジンオイルが劣化すると交換をする必要があり、また、少しずつ減少し続けます。
エンジンに何らかの故障が生じる原因の1つに、エンジンオイルが漏れて液量が不足することが挙げられます。

ウォーターポンプの故障
ウォーターポンプには、クーラント液を循環させる役割があります。
水冷式エンジンはクーラント液がエンジン内部とラジエーターの間を循環することで
上手く冷却することができます。
もし、ウォーターポンプが故障すると高温のクーラント液を冷却させることができなくなり
エンジンがオーバーヒートを起こしてしまいます。
ちなみに、ウォーターポンプを稼働させるための動力は、エンジンの回転を利用する場合が多く
クランク軸の回転をポンプに伝えるためにベルトが使用されます。このベルトは劣化していき
やがて切れてしまいます。
そうなると、ベルトが繋がっているポンプが動かなくなり、こちらもオーバーヒートを起こすことになってしまいます。

オーバーヒートの対処法

まずは安全な場所に停車させる
走行中にオーバーヒートが起こったら、最初に安全な場所に停車させましょう。エンジンが稼働していても、出力が不足したり停止する恐れがあるからです。
そのまま走行を続けると交通事故の原因になるので、安全な場所に移動して停車させる必要があります。


エンジンを冷ます
オーバーヒートを起こして車が動かなくなってしまったら、熱くなったエンジンを冷やす必要があります。エンジンが高温のままだと、エンジンそのものが故障したりゴムや樹脂製の部品が劣化する恐れがあるからです。
冷却水が足りているのであれば、エンジンをかけた状態のまま温度が下がるのを待ちます。十分な量の冷却水が残っていてウォーターポンプに異常がなければ、エンジンをかけた方が効率的に冷却できます。
もし冷却水が不足していたり残量確認ができない場合は、すぐにエンジンを停止します。エンジンを停止したら、ボンネットを開いてエンジンルーム内を冷却させましょう。十分に冷えるまでは、冷却水のウォーターキャップに触れてはいけません。


冷却水(クーラント液)を補充する
オーバーヒートが起きやすい理由で多いのは、冷却水(クーラント液)の残量不足です。十分に冷えた後に、冷却水を補充するようにしましょう。
冷却水は長期間使用すると錆びの粉塵や不純物などで汚れることがあり、定期的に交換をする必要があります。冷却水の交換をしないと錆などが原因でポンプが故障したり、ウォーターラインの詰まりの原因になります。
クーラント液・エンジンオイルの不足以外にも、ホースなどの部品や装置の故障も考えられます。再発を防ぐために、故障した部分の部品交換をするようにしましょう。

いかがでしたか?これから暑くなる季節クーラント液やエンジンオイルなど交換や
補充にオーバーヒートを防ぐために行きましょう。

ではまた来週

 

丸玉運送大阪 募集要項はコチラ>>>