こんにちは大阪営業所の柏木です。
今回は、夏場の車の中での熱中症について話していきたいと思います。
つい最近も、1歳の1歳の女の子が軽自動車車内に残され熱中症で亡くなるという
痛ましい事件が起きています。
今回は、エンジンを切った車の車内はそんなに危険なのか?
話していきたいと思います。

炎天下でエンジンを切ると15分で車内温度はかなり危険なレベルになります

炎天下に駐車した車内に子どもを放置してしまう親というのは、「ちょっとくらいの時間なら大丈夫だろう」と安易に考えてしまうのだと思います。
しかし、JAFがミニバンを使って行った実験によると、車内温度が25度のクルマのエンジンを炎天下で停止させてそのまま放置しておいたところ、わずか15分後には車内温度は40度ほどになったそうです。


 

 

 

 

 

 

 

引用:JAFホームページ

熱中症指数は危険レベルにまで達し、とても人間が車内にいられる状況ではありません。
さらにそのまま放置すると、エンジン停止から30分で車内温度は約45度にまで上昇してしまいます。
エンジンを切った瞬間はエアコンのおかげで快適な温度になっていた車内も、ほんのわずかな時間で危険レベルまで温度が上昇してしまうということがこの実験からお分かりになると思います。
わずか短時間であっても、子どもを炎天下の車内に放置することが、いかに危険性であるかということを知ってほしいと思います。

ちょっとの時間の買い物だから大丈夫という考えは絶対NGです

親が子どもを車内に放置してしまう状況というのは、どういった状況のときなのでしょうか?
多くの場合は、「ちょっと買い物をしてくる」という状況だと思います。
買い物をする際に、子どもが気持ちよさそうに寝ているので、起こすのはかわいそうだと思ってそのままにしてしまうというケースが多いに違いありません。
しかし、子どもを起こさずにそのまま放置することの方が、はるかに子どもにとってかわいそうだということを認識しなければなりません。
買い物といっても、コンビニであればすぐに車内に戻ってくるのが一般的でしょう。
ある調査によると、コンビニに来る客の平均的な滞在時間は2分~3分程度だそうです。
2分~3分程度であれば、炎天下であっても車内の温度が危険レベルにはならないだろうと考えがちです。
しかし、たまたま入った店内で気になる雑誌か何かを見つけてしまって、つい立ち読みなどをしてしまうと5分や10分の時間はすぐに過ぎてしまうことになります。
スーパーなどで買い物をするときの平均滞在時間は20分を超すといわれていますので、完全にアウトということになります。
なかには、子どもを車内に放置したままパチンコに熱中してしまって、我が子を死なせてしまうような親もいるようですが、そういった人は論外です。
炎天下に駐車をするときは、たとえ短時間のつもりであっても、必ず子どもを一緒につれていくということを徹底する必要があります

サンシェードでフロントガラスを覆ってもほとんど効果は期待できません

炎天下における車内の温度上昇対策として、サンシェードでフロントガラスを覆ったりしている人もいるようですが、ほとんど効果は期待できません
JAFの実験でも、フロントガラスをサンシェードで覆った状態のクルマの室内温度は、30分ほどで25度から約40度にまで上昇しています
さらに2時間半後には、50度近くまで車内温度は上昇しています。
サンシェードをしない場合の2時間半後の車内温度は56度ほどになっていますので、多少は効果があったといえるかも知れませんが、ほとんど焼け石に水といっていいでしょう。
50度でも56度でも、人間が耐えられる温度ではないという意味では同じです。

いかがでしたか?
今回は、夏場の車の車内についてでした。毎年のように車内に置いて行かれ
熱中症で亡くなる子供が後を絶ちません。
今年も2件ほどもう起こっています。
来年はこのような事件が起こらないことを願うばかりです。


ではまた来週

 

丸玉運送大阪 募集要項はコチラ!!>>